瀬戸内海・牛窓沖へ・・・

今日は岡山県の日生港出港の散骨のお手伝いをさせていただきました。

今日も本当に良いお天気で暑いくらい。

穏やかな瀬戸内海でした。

日生から少し西へ行くと、牛窓というところがありますが、

そのあたりは「日本のエーゲ海」と言われる景色の良い美しい場所です。

今日はその牛窓を望む海域での散骨でした。

(もちろん、航路・養殖場や漁業権設定海域などを外した場所です)

若くして亡くなられた女性の方の旅立ちでした・・・

生前より望んでおられた海への旅立ち・・・

生前に大切になさってたワンちゃんのご遺骨と一緒の旅立ちでした。

見送るご家族皆様のお顔を

午後のまぶしい日差しが明るく

照らしていました・・・・

P1090313.JPG

今日も穏やかな瀬戸内海・・・

P1090311.JPG

きっといつまでも、この海から皆様のことを見守っていらっしゃるでしょう・・・・・

旧ブログ(過去の記事はこちらをどうぞ)

http://www.bluemileu.com/blog/

 

 

海洋散骨と墓じまいのブルーマイルゥー

http://www.bluemileu.com/

太平洋へ・・・

今日は高知沖・太平洋での散骨をお手伝いさせていただきました。

生前より何度かご相談をいただいていた方で、

「まだまだお元気ですね」とお話ししていたのですが・・・

私と最後にお話しした2日後、突然のご逝去でした・・・

ご親族の方からご連絡いただいた時は本当にショックで・・・

生前より強くご希望なさっておられた高知沖への旅立ちでした。

今日は初夏を思わせる暑いくらいの良いお天気。

風・波・うねりも全くなく、本当に穏やかな太平洋でした。

まるで瀬戸内海のような穏やかな太平洋・・・

雲一つない青い空・・・

そして、どこまでも続く水平線・・・

船は完全に停船。それでも揺れを感じさせないほどの穏やかさ。

ご家族の皆様に見送られ、

故人様はゆっくりと、ゆっくりと

大きな大きな太平洋へと旅立って行かれました・・・

P1090306.JPG

こんなに穏やかな太平洋。これ以上ないくらいの良いコンディションでした。 

P1090303.JPG

旧ブログ(過去の記事はこちらをどうぞ)

http://www.bluemileu.com/blog/

 

 

海洋散骨と墓じまいのブルーマイルゥー

http://www.bluemileu.com/

飛び石

先日の夜、高速道路を走行中に

フロントガラスに小さな石が飛んできました。

「バチッ」という大きな音に驚きましたが、

よく見てみるとガラスの表面1cmくらい欠けてひび割れが・・・・

しかし、よく割れなかったものです。

おそらく前を走行中の車が跳ね上げた石が

たまたま飛んできたのだと思いますが

高速道路を走行中にフロントガラスが粉々になってしまうことを想像すると恐ろしいです。

このまま走ってて、心配なので

翌日車屋さんに見てもらうと

「ガラス交換で約10万円、部分補修だと約2万円とのこと」

私は高速道路の走行中、実はこの飛び石の経験がよくあるんです。

今まではこんなにヒビは入ることはなかったですが

でもよくあるんです。

交換してもまたあるかもしれないし

とりあえず補修してもらいました。

とても綺麗な仕上がりで

少し跡形があるものの

ヒビも消えていて満足のいくものでした。

こんなにきれいに修復できるとは驚きました。

でも、もう次は経験したくないですね。

旧ブログ(過去の記事はこちらをどうぞ)

http://www.bluemileu.com/blog/

 

 

海洋散骨と墓じまいのブルーマイルゥー

http://www.bluemileu.com/

懐かしい情景

先日、お墓じまいのお見積りで愛媛県のある街に行ってました。

市街地から離れたところにある、郊外の普通の田舎町なのですが・・・

どこか雰囲気が違う・・・

仕事を終え、いっぷくしていて気が付きました。

「外で遊んでいる子供が多い」のです。

外で遊びまわる子供たちと

にぎやかな歓声が絶え間なく聞こえてきます。

懐かしい情景。

「ああ、自分が子供のころはこんな感じだった」

子供のころの記憶が一気に蘇りました。

最近は外で遊びまわる子供の姿をあまり見ませんが

四国の小さな街の意外な側面を見たような気がしました。

何だかこちらも元気になるような気持ちになりますね。

「さあ、明日も頑張ろうかな!」

夕暮れに赤く染まる街が

クルマのバックミラー越しに遠ざかってゆきました。

旧ブログ(過去の記事はこちらをどうぞ)

http://www.bluemileu.com/blog/

 

 

海洋散骨と墓じまいのブルーマイルゥー

http://www.bluemileu.com/

春の香り

もう3月も終わりに近づき、もうすぐ4月。

月日の流れが早いです。

ここ数日は寒い日が続いてましたが、

また週末から暖かくなるようですね。

もう春の香りがしていますね。

私は季節を香り(匂い)で感じます。

春の香り、夏の香り、秋の香り・・・

春の香りは草の匂いというか土の匂いというか・・・・

うまく説明できませんが独特の香りがします。

特に、夜に家の外に出ると良く香ります。

もう春の香りがしています。

P1070768.JPG

旧ブログ(過去の記事はこちらをどうぞ)

http://www.bluemileu.com/blog/

 

 

海洋散骨と墓じまいのブルーマイルゥー

http://www.bluemileu.com/

本年も何卒よろしくお願いいたします

新年あけましておめでとうございます。

今年は元旦からとても穏やかで良いお天気ですね。

この一年、皆様にとっても穏やかな良い年でありますよう願っております。

そして、おかげさまでブルーマイルゥーは今年で設立11年目をむかえました。

どうぞ今年も何卒よろしくお願いいたします。

P1090197.JPG

旧ブログ(過去の記事はこちらをどうぞ)

http://www.bluemileu.com/blog/

 

 

海洋散骨と墓じまいのブルーマイルゥー

http://www.bluemileu.com/

午後の瀬戸内海で・・・

このごろ、日暮れの時間がほんとうに早くなりましたね。

午後3時を過ぎると、もう夕方ころの日差しです。

なんとなく1日終わってしまうのも早く感じてしまいますね。

先日は広島での散骨の出港がありました。

散骨なさる方は、生前より様々な思いを抱いていらっしゃいます。

そして、ご希望なさる海もそれぞれです。

ご自身の故郷、ご旅行などで訪れた思い出の場所、お仕事されていた場所・・・・

今回の故人様は関東の方ですが、おばあ様が広島のご出身だったそうで、

ご自身の旅立ちの場所に瀬戸内海をご希望なさっておられました。

心配だった天候も快晴。風・波も無く本当に穏やかな日となりました。

午後からの出港でしたが、散骨なさる頃には

もう日がだいぶ西に傾きかけていました。

夕刻近い日差しにキラキラと光る海・・・・

まるで私たちと一緒に故人様を見送るように

船の周りを海鳥が飛んでいます・・・

ご家族の皆様に見送られ

故人様はゆっくりと旅立って行かれました・・・・・・

P1090120.JPG

P1090123.JPG

旧ブログ(過去の記事はこちらをどうぞ)

http://www.bluemileu.com/blog/

 

 

海洋散骨と墓じまいのブルーマイルゥー

http://www.bluemileu.com/

10月は雨ばかり

久しぶりのブログです。

さて、10月は本当に雨が多かったですね!!

月の半分は雨が降っていたような気がします。

天候に左右される仕事をしている者にとっては本当につらいです。

なかなか予定通りに進みません。

周りを見てみると、お米も例年なら10月の半ばには稲刈りが終わっているのですが、

雨のためにまだ稲刈りが終わっていない田んぼもあります。

もうすぐ11月が来るというのに本当に気の毒です。

「もう雨いらんわ!!」という感じですね・・・・

昨日は小豆島でお墓じまいの工事をしておりました。

台風22号の接近が心配でしたが、風の影響は全く無く往復のフェリーも無事に運航。

朝からあいにくの雨天でしたが、小雨程度の予報でしたので予定通り工事を行いました。

お墓全体を覆う屋根を設置し、お寺様にも無事お性根抜きをしていただき、

解体撤去工事も無事終了。お客様にも工事完了の確認をしていただきました。

お墓は海の近くの高台にあり、とても景色の良いところでしたがの

残念ながらの雨模様。

でも小豆島はとても景色の良いところが多いので、雨模様ながら癒されました。

帰りの高松行きの船は乗船客がとても多かったですね。

四国と本州を結ぶ橋が3つも出来、数多くあったフェリー航路も次々に消滅。

近頃はフェリーに乗る機会もめっきり少なくなりましたが、

小豆島を結ぶフェリー航路はまだまだ元気なようです。嬉しいですね。

たまたま客室最後尾の席が空いていたので景色を眺めていると

なんとお客様も同じ船便にご乗船で、私を見つけて声をかけていただきました。

(そのうえ昼食までごちそうになり恐縮でした。本当にありがとうございました。海を眺めながらのうどんは最高でした。)

お客様の暖かなお心遣いに感謝しながら

遠ざかる小豆島を眺めていました。

この船のゆったりしたスピードは

時間の流れもゆっくりと感じられます・・・

お客様からご依頼いただくのも何かのご縁ですよね。

今までは全くの他人同士だったのが、私どもにご依頼をいただいたことによって接点が出来る。

お話しをし、理解・共感をし、そして共有する時間が出来る。

なんだか不思議な感じがしました・・・

それに、このフェリーに乗っている人たちもさまざま人生送り

たまたまこのフェリーに乗り合わせています。それぞれにいろいろな思いを抱きながら・・・

そして港に到着するとまた皆それぞれに離れ離れになる。

当たり前のことなんですけど、

なんだか不思議な感覚がしました・・・

(こんなこと考えるって変ですかね?)

旧ブログ(過去の記事はこちらをどうぞ)

http://www.bluemileu.com/blog/

 

 

海洋散骨と墓じまいのブルーマイルゥー

http://www.bluemileu.com/

小豆島フェリー(高松〜土庄)

高松と小豆島の土庄を結んでいるフェリー航路の風景を紹介します!

四国フェリーグループの小豆島フェリー㈱さんが運航しているこの航路は

高松・土庄からそれぞれ1日15便も運航されています。所要時間は約1時間。

高松港と小豆島を結ぶ大切な航路です。

(高松と小豆島を結ぶ航路は、ほかに「池田港」・「草壁港」を結ぶ航路もあります。)

風景も素晴らしいですよ!!

P1070284.JPG

高松港(サンポート高松)から出港。船は「しょうどしま丸」

P1070288.JPG

高松港を出港してすぐ右舷側、屋島の北端あたり。

P1070290.JPG

しばらく行くと大島が見えてきます。

P1070287.JPG

船内ではうどんを食べれます!! 海を見ながらのうどんは美味しい!!!

P1070291.JPG

P1070297.JPG

左舷側、小豊島沖。

P1070300.JPG

奥に見えているのが土庄港、もうすぐです。

P1070303.JPG

後ろから、同じく高松と土庄を結ぶ高速艇「スーパマリン」が接近。

P1070304.JPG

そして追い抜かれます。こちらの所要時間は約30分。フェリーの半分の時間です。

P1070305.JPG

土庄港に到着。

P1070317.JPG

P1070320.JPG

P1070321.JPG

 

P1070326.JPG

小豆島の風景。近年移住者も増えている小豆島。

ここは日本か!?と錯覚する場所も。

美しい島です。

P1070328.JPG

P1070329.JPG

帰りは日暮れ近い夕刻の便に乗船しました。土庄港を出港。

P1070330.JPG

P1070331.JPG

P1070337.JPG

土庄をでてすぐの風景。日暮れの空と海が美しい・・・・・

P1070342.JPG

P1070343.JPG

 

P1070344.JPG

P1070347.JPG

もう、だいぶ暗くなってきました。左舷側の空には月が。風が気持ちいい・・・

P1070357.JPG

もうすっかり暗くなり、高松港に入港。

旧ブログ(過去の記事はこちらをどうぞ)

http://www.bluemileu.com/blog/

 

 

海洋散骨と墓じまいのブルーマイルゥー

http://www.bluemileu.com/

ビックリしました

週末は、奈良の山の中で

お墓の解体撤去工事をしていました。

とても暑く、頻繁に休憩を取りながらの作業でした。

午後3時頃のことです。

木陰に座って休憩をしていたのですが、辺りは本当に静かで

野鳥のさえずりと、風で木の葉が揺れる音だけが聞こえていました。

青い空を流れてゆく雲をぼんやり眺めていると

何かの気配が・・・・

同時に視界に何か動くものが・・・・

場所が場所だけに、瞬間的に恐怖感を覚えました。

え!?  何!?  何!?

私は体が固まってしまいました!!

私は全く動かずじっとしていたもので

そいつは私に気づいてなかったのでしょう。

約1メートル前まで来ました。

そしてやっと私に気づいたそいつは顔を見上げ

私と目が合ってしまいました!!

なんとそいつの正体は「たぬき」。

目が合った瞬間、そのたぬきも一瞬動きが止まり固まってましたが、

一目散に山の中へと走ってゆきました。

私もビックリしましたが

たぬきの方もかなりビックリしたのでしょうね!

「お〜い! 何もしないよ!」

呼んでみましたが、たぬきはもう戻ってきませんでした。

思いがけない訪問者にビックリさせられました。

(クマでなくてよかった〜)

旧ブログ(過去の記事はこちらをどうぞ)

http://www.bluemileu.com/blog/

 

 

海洋散骨と墓じまいのブルーマイルゥー

http://www.bluemileu.com/